FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
医療大最後の日です
最後のメモリー 021
 今日で医療大最後の日です。助手の井上さんにお願いして最後の記念の一枚を撮ってもらいました。
 この研究室で10年間、ほとんど土日もここで過ごすことも多かったし、学生と過ごした数々の思い出もすべてここが原点となった研究室である。友人が訪ねてきて、ここは研究室と言うより部室だねと感想を述べることもあった。研究室を開放していることで学部長からおしかりを受けることもあったが、この研究室で学生とともに様々な活動をしたことが、この10年の歴史を作ってきたと自負している。
10年を支えていただいた事務方の皆さん、共に学生の指導で汗を流した同僚の皆さん、他の学部で協力をいただいた教員の皆さん、清掃のおばさん、警備の皆さん、そして、何よりも卒業生の皆さん、卒業までみとどけることができない在校生の皆さん、言葉に尽くせない感激と感謝でいっぱいです。
 最後を見送ってくれた助教の高橋さん、助手の井上さんにはとりわけの感謝です。
いただいたフォトフレームには、数々の思い出となる場面と、思い出深い大学の各所が納められていました。驚いたことに先週の宮古島での私の姿も納められていました。お二人の心憎いご配慮とメッセージに涙が出ました。

こころからありがとう。
今度は現場で、志を同じくするものとして仕事でであることを楽しみにしています。

医療大でのこのブログは最後です。みなさん本当にありがとうございました。4月には当麻でブログを開設の予定です。アドレスはここに掲載します。                      多謝

かたるべブログの続きのブログです。→かたるべの森から
スポンサーサイト
記念品とお返しの作品
看護福祉学科の教授の皆さん感謝
看護福祉学科の教授の皆さんから頂いた記念品です。間違いなく購入しました。お返しの品は当麻かたるべの森に発注しました。

自然の中から情報発信
夕張フォーラムに参加を
昨年に引き続き、ゆうゆう24では夕張でフォーラムを開催する。今回は富山の「このゆびとーまれ」の惣万氏をお呼びしている。惣万氏は富山でいわゆる共生型福祉を推進した人だ。私達は富山の実践からずいぶん多くのことを学んだ。間違いなく、共生型福祉は今後の大きな柱になっていくものだと思う。多くの人の参加を望みたい。
開催要項は下記のアドレスから。
http://blog.canpan.info/yuyu/ゆうゆう24blogぎらぎらぎらぎら
ゆうゆう24理事会
 慌ただしい中、ゆうゆう24の理事会を開催した。21年度の事業計画と予算案の審議が議題である。大原所長とスタッフの意気込みを感じることができる計画案である。
 とりわけ21年度は前からの課題であった、卒業生を含め、福祉の現場で頑張っている若い人たちのネットワークを作ることが本格的になる。ゆうゆう24に事務局は置くが、各地で実践研究会を開催し、研究誌も出版したいと考えている。
 今回の理事会で新たに2名の新理事と監事を迎えた。こころ強いのは、看護学科の小林Dr.が自ら理事に参加してくれたことだ。障がい領域から福祉の佐々木先生も理事就任を快諾してくれた。これで大学との連携は体制ができたといえる。新監事の高村氏の就任も心強い。ゆうゆう24の体制は着々と整いつつある。

感激の宮古島であった
宿の近くの公園でであったすべり台
公園にあったシーサーのすべり台
 宮古島に昨年就職した、笠原さんに呼ばれて、安心・島づくりプロジェクト第3弾ユニバーサルデザインへの道②「豊かなままに生きる」に参加してきた。
 私は久々に感激してきた。念願かなって宮古島に就職した笠原静というゼミ生がこの1年間でこの事業を成功させたということはもちろんのことであるが、彼女を支えて、この事業を大きな広がりに作り上げていった宮古島の実行委員の皆さんの心意気と言うべき想いに、感動した。胸が熱くなった。
この2日間の見聞きしたもののを、この後もう少し書きたいと思う。今はこの感激だけを伝えたい。
必ずまた宮古島に行くぞ!!出会った人たちとの交流を深める計画をつくろう!北海道・宮古島ネットワークを構築しよう。知人、友人達を宮古島に寄せよう!
 宮古島で出会ったすべての人に感謝!!笠原静さんの仕事に敬意を表して。
Copyright © K@t@ruBelog. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。